So-net無料ブログ作成

新風舎~行ってきたよ編 [文書き]


秋見さんのまねっこまねっこ。

まぁ・・・結局自費出版するのしないののお話だったんですけどね。
プロデューサーさんとチーフプロデューサーさんの二人にお世話になりました。

色々考えてもらって前より条件がよくなりました。(変更前→変更後)
○Aプラン
B6判ハードカバー(フルカラー)
モノクロ 48ページ以内
発行部数500部(内50部こっちに渡す)
予価1176円(税込)→1100円(税込)
印税は増刷時から。
著者負担額153万円→98万円

○Bプラン
Aより若干劣る材質
予価1050円(税込)→840円(税込)
著者負担額133万円→80万円

さらにプランを増やしてもらい
○Cプラン
A6判文庫サイズ(ソフトカバー)
モノクロ 48ページ以内
発行部数500部(内50部こっちに渡す)
予価578円(税込)
印税は増刷時から。
著者負担額63万円

○Dプラン
B6変形判(ソフトカバー)
40ページ
200部(うち50部こっちにまわす)
予価735円(税込)
著者負担額31万円
ただこれは販売用というより個人的なものぽい。
新風舎直営店には置いてもらえるがお世辞にも他店に売れる形態ではない。

の4つをご提案していただき、また後日返事をとのことでした。
とりあえず、小説にしたいようなものを持ってきてと言われたので、良さげな原稿を4つほど納める。
・・・これもあわせて本にしませんかとか言われそうだけど;
正直Dタイプでも金銭的に大ダメージだなというのが正直な感想。
でも・・・何万円でも・・・本にしようとは思えなかったかも;すみません、すみません;
せっかくあんなに色々してもらったのに・・・;

正直、このネット内で住んでいるものとしては、そういう思いして本出すより、ネットで見せてのほうが多くの人に読んでもらえる気がしちゃうんだよね;
書籍化のメリットはやっぱり形に残る事だとは思うんだけど・・・お金も残したいし;
・・・その場で思った事はそれだったから・・・正直に言えば良かったかな;
また連絡いれないと・・・うぅ・・・;

いつかは本、出してみたいよ。好きなレイアウト、好きなデザイン、好きな作品。
その本ができたら・・・できる工程もすごく面白いと思うし嬉しいと思う。
でも・・・だから作りますよって状態ではないんだよね・・・;
ただそれだけなら同人誌でもできるわけだし。
お金を出す。人に売る。うーん・・・これが本を作るってことか;

余談。「どうして今回賞に落ちたのか、どこが悪かったのか教えてください」と聞くと
「うーん、どこがって言われても・・・それは人の感性の違いだしね。もちろん、本を作っていく上では編集者が言葉づかいとか色々変えていくとは思うけど。ただ賞となると、審査員によっては評価は全然違うし。男が書いたから女が書いたからとかそういう理由で外れちゃう事もあるし。例えば弥生さんの作品は中高生の女性を対象にしたものなら、審査員がおじさんだったりしたら分からなかったりするでしょう。そういう色々な理由もあるから・・・。賞は難しい物なのよ。」
という感じの事を言われました。なるほど・・・確かにそれも一理あるかもしれない。

自由になんでもという時点で恋愛とかそういうことにこだわる私は発想の新しさがないから、良い作品がたくさんあると選ばれないのかもしれない。・・・ノンフィクションはどんどん新しいのでてるし・・・
あぁテーマが非凡だわ・・・_| ̄|○

まぁ、そんな感じ。
行って後悔したかというと、そんなこたぁない。
あぁやってお話できて良かった。新風舎大阪支店はこじんまりとして可愛いところでしたよ。
自費出版という特色の所為か作者の好きな物って感じの作品がたくさんあっておもしろかった。
あぁいうのもいいと思う。好きな物がたくさんある職場。雰囲気も良かったですよ。
本好きの方は一度足をお運びください。ただ意外に駅から距離あったのでブーツはやめましょうね(苦笑)足いたいわ;


nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(1) 

nice! 1

コメント 3

お疲れさまです。自費出版って、高いですよね。。。
プランによって、ずいぶんと費用が変わるんですね。
いま無理にお金を使わなくても、いいのでは?
弥生鈴音さんは、若いんだし。
稼げるようになったときのお楽しみにとっておくのも一興かと。
by (2006-02-01 14:36) 

弥生鈴音

後日お電話でお断りしました。
自分で金稼ぐまで、そして納得できる作品ができるまで待つつもりです。
向こう方「親の協力とか・・・」言ってましたが、そこまでして出す人、やっぱいるんですかね・・・。
by 弥生鈴音 (2006-02-18 14:08) 

通りすがり

はじめまして!出版の話、お断りして正解ですよ!だってソコ、こんな出版社ですもの!http://www.tanteifile.com/diary/2004/11/28_01/index.html
原稿審査だってこーんな感じなんですよ!!
http://sakka.org/opinion/thread/index.cgi?mode=past&no=46
納得できる作品が書けるようになるまで、がんばってくださいね!!
by 通りすがり (2006-10-08 19:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。